病院で行なう検査

代表的な検査

検査

子宮筋腫の検査を病院でするときには、様々な検査が行われます。症状の重さによって検査する方法は変わってきますが、基本的に子宮筋腫では子宮近くや下腹部を触った時にしこりのようなものが見られます。診察に行った時には、まずは触診や問診を行ないますが、その後エコー検査や子宮鏡検査などを行ないます。子宮筋腫の検査の中でも、エコー検査をすることによって子宮筋腫かどうか画像で判断することができるので、非常に有効的な検査と言えるでしょう。この検査は多くの婦人科で実践されており、子宮筋腫の有無だけでなく、大きさや場所も特定することができるので治療には欠かせない検査と言えます。子宮鏡検査の場合は、エコー検査では分からない暗い小さな筋腫を発見することができるので、子宮筋腫の症状はあるのにエコー検査で筋腫が発見できないという時などに利用されています。

CTやMRIはより明確

エコー検査の場合、画像の画素数がかなり粗いため、細かい部分まで解析することが難しいですが、CTやMRIであればエコーよりも明確な画像を見ることができるので他の病気との区別を付けることも可能です。特に子宮筋腫は、子宮にまつわる病気の症状と似通っている為、子宮筋腫と思って治療を進めていても実際は違う病気だったということも多くあります。このような検査をした後にその人の体調や症状に合わせた治療が進められていきますが、出産予定があるという人で子宮筋腫のような症状がみられた場合は、設備や技術が整った環境の婦人科で検査をしに行くのが良いでしょう。